株式投資をはじめる場合について

株式投資は、資産を運用する方法の一つです。

株式投資にはリスクもありますが、ときに大きく資産を増やすことができます。


株式投資には、人によってさまざまな投資のやり方があるのでこれが良いといったことは一概にはいえません。株式投資には短期的に取引をする場合や長期的に取引をする場合、または中期的に売買を行う場合があります。

近年では、長期的な取引では、利益がなかなか増えないという場合もあります。投資をしている株価が長期的に下落しているトレンドにある場合には、いくら長期的に取引をしていてもいっこうに利益が増えないことになります。
株式投資では、配当や株主優待に着目して長期的な投資をする方もいます。

肝心の投資をしている銘柄が長期的に下落のトレンドに入っている場合、いったん損切りをすることも必要になります。


もちろん、株価が再び上昇することに期待をする投資のやり方もありますが、あまり精神的に良いとはいえません。長期的にゆったりした気分で投資を行うには、長期的に上昇を続けている銘柄に投資をすることが必要です。

実際株式投資では、長期的に上昇をしている銘柄がいくつかあります。


こうした銘柄を探して投資をすることで、長期投資のメリットを受けることができます。
株式投資では、短期的に利益を確定していく投資の方法もあります。

短期的な投資では、株式相場の急変にも対応することができます。
また株式投資では損切りについても重要です。


自分なりに取引ルールをつくって、損切りの徹底をすることが利益を出すためのポイントの一つです。
また株式投資では、信用取引でリスクヘッジやレバレッジをかけた取引をすることができます。

信用取引にはリスクもありますが、上手に活用することで資産の運用に役立つこともあります。


また信用取引では、売りから取引が行えることが大きな特徴です。


株式相場が下落して、個別の株式が下落している場合にも売りによって利益を上げることができます。

株式市場には、その時々に話題になっているテーマがあります。
デフレスパイラルという金融不安などの言葉がよくマスコミで取り上げられていたら、有利子負債が少なくて潰れる可能性が低い会社に、投資家の注目が集まります。
バイオ学会が開催され、研究発表に注目が集まっているときは医薬品会社、バイオ研究部門を持っている会社に関心を持つ投資家が増えます。ITやデジタル家電、ロボット、リストラ、中国関連、天然ガスなど、実にさまざまなテーマで関連の株式に人気が集中することがあります。投資家は、よく賑わっている銘柄や話題の銘柄に目が向いてしまいますが、高値で買えばどんなに良い銘柄でも、利益を乗せて売却することは難しくなります。

投資を行うときには、すでにテーマに乗った人気銘柄にとらわれることなく、他にどのようなテーマがあるのか、後に人気が出そうなテーマにはどのようなものがあるかを調べることが大切です。

流行しているテーマを調べるには、新しく設定される投資信託に注目する方法があります。

情報は専門誌に紹介されていたり、新聞広告、証券会社店頭のパンフレットなどに掲載されています。


投資信託も一つの商品なので、お客の受けの良い商品を企画します。

どのようなテーマで売り出される投資信託があるのかを知っておくと、人気のテーマや該当株が掴める可能性が高まります。

テーマに適った人気銘柄の高値を追いかけて買うのではなく、人気化した時に売れるように、逆算して安い銘柄を探すことがポイントです。





横浜の弁護士情報のご紹介です。

真剣に相続放棄の費用情報を多数ご用意したサイトです。

京都の相続に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。



http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12493212/

http://smany.jp/5571

関連リンク

間接的な不動産投資の分配金

6年前から投資信託をしています。ボーナスのたびにこつこつ再投資をして約800万円投資しました。...

more

積極的に資産運用する

資産運用をむやみに怖がる人がいますが、とてももったいないことです。貯蓄のつもりで保険に入ったら保険会社が倒産して紙切れになってしまったとか、購入していた株式が値段が下がって投資した資金が半値になってしまったとか、投資にはあり得ないことではありませんがだからといって資産をそのまま置いているだけでは増えません。...

more
top