不動産投資で大儲けしてみよう

昨年の衆議院選で自民党が圧勝し、発足した安部政権の下アベノミクスと呼ばれる経済対策がおこなわれています。
アベノミクス効果によって高級マンションなどが飛ぶように売れ始め地価も上がり始めています。


この時期だからこそ不動産投資を始めようとお考えの方も多くいるはずです。

しかし不動産を取得するには多額の現金が必要でなかなか手が出せないのが実情のはずです。
そこでお勧めなのが小額から投資できる不動産投資信託です。

不動産投資信託は日本では2001年から解禁された金融商品で、投資家から集めた資金を元に賃貸物件を購入し、賃料からでる収益を投資家に分配金として還元する金融商品のことです。
一般にはリートの名前で知られており、株式同様に株式市場に上場しており、一口10万円以下から投資することが可能なので不動産投資をお考えの方には最適の金融商品のはずです。

さらにリートのいいところは2008年のアメリカ発の金融危機で最盛期の10分の一ぐらいになっているものもあり、株価に比べて未だに割安なのでアベノミクス効果が本格的に現れてくる来年以降はさらにリート価格が上昇する可能性が高いのです。未だに割安なことを考えれば今購入しても1年後には2倍、3倍になっている可能性も高くまさに大儲けしたい人にとっては最高の投資対象となりえるはずです。
まずは証券口座を開設して、どのリートに投資するか精査し実際に投資してみることをお勧めします。不動産に投資してみたい方は多いかと思います。

特に昨年からのアベノミクス効果の影響で地価価格が上がり始めてきてきたので安いうちに買っておきたいはずです。

しかし多くの不動産物件は金額も高いし現金決済しなければならないのでなかなか投資に踏み切れない人もいるはずです。
そこでお勧めなのが、不動産投資信託という金融商品に投資することです。不動産投資信託は一般にはリートと呼ばれており、投資家から集めた資金で賃貸物件を取得し収益分を投資家に分配していくというシステムのものです。
また株式と同じように株式市場に上場され売買されるので流動性の心配もありません。

そしてリートの最大のメリットであり特徴的なのが、分配金が高配当になってくるということです。この理由はリートは収益の90パーセント以上を分配金として投資家に還元すると収益に対して税金がかからないので多くのリートで高配当になっているのです。

高いものであれば配当利回りが10パーセント以上もあるものもあり10年間ホールドしていけばインカムゲインだけで投資元本が回収できるのです。
現物不動産では最低でも20年以上かかる投資金回収がその半分でできてしまうのですから不動産投資をお考えの方はリートに投資するしかないはずです。

リートに投資するためにはまず証券口座を開設し何種類もリートがあるのでそこから一番いいと思うものを精査して投資していくものです。
すぐにリートに投資してみることをお勧めします。



横浜の法律相談サイトが一番おすすめです。

快適な暮らしを実現するための遺言の弁護士の情報ならこちらにお任せ下さい。

今、評判なのはこちらの大阪の遺言関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

京都の相続放棄情報探しに特化した総合サイトです。

http://okwave.jp/qa/q6607562.html

https://oshiete.goo.ne.jp/articles/qa/2426/



関連リンク

投資信託のタイプとは何か

投資信託という金融商品は、その商品自体の中に、既に多くの金融商品が組み込まれているようなものなのです。ですからどんなものが組み込まれているのかによって、その商品のタイプが決まってくるのです。...

more

不動産投資で大儲けしてみよう

昨年の衆議院選で自民党が圧勝し、発足した安部政権の下アベノミクスと呼ばれる経済対策がおこなわれています。アベノミクス効果によって高級マンションなどが飛ぶように売れ始め地価も上がり始めています。...

more
top